■■■SSLって、何?■■■

●SSLについての簡単な説明:


  1)多くのサーバを経由することで成り立っているのがインターネットです。
	インターネットは、ネット上に無数に存在する「サーバ」を中継して通信することで
	成り立っています。悪意を持って、他人の通信を傍受しようとするケースも考えられ
	ますが、それ以外にもBBS等で書込んだ内容を人に読まれているかもしれないうのは、
	気分の良いものではありません。
  
  2)SSLという用語と役割
	SSLとは、Secure Sockets Layerの略です。一般的にSSLはインターネット上で
	クレジット決済時などに良く利用される技術です。通信データ暗号化と認証を行う事
	により、通信傍受と改ざんを防止する目的の暗号化プロトコルです。
	情報をインターネット上のWEBサーバに送信する時(BBSで書込みボタンを押すと
	いう事は、これにあたります)SSLを利用する事でより安全に送信できます。
	用語と技術は難しいですが、利用するのは簡単です。

  3)暗号化の限界
	永遠に解読不能な暗号というのはありえません。SSLも特殊な鍵を使っています。
	正しい鍵が解かってしまうと暗号は解読されます。
	つまり、鍵の種類は有限なので、あらゆる全ての鍵を順番に試せば、いつの日か必ず
	解読できてしまうと言う理屈が成り立ちます。しかし、解読するのにコンピュータを
	使っても、数百年とかの非常に長時間がかかるなら暗号化は目的を達成し、成功した
	と言えるわけです。(例:クレジットカードなら、とっくに失効しています。)
		
  4)利用するには・・・
	ユーザー側で難しい操作はありません。あなたのPCが最初にアクセスした時に、
	お使いのブラウザがサイトのSSL証明書を読込みますので、以降は特別な操作なしに
	(SSL対応サイト)スティションネットサーバーをご利用戴けます。
	多くのブラウザでは、右下に「鍵」のマークが出て、SSL通信状態を表示します。

  5)普段から、心がける
	インターネットのウェブサイトで、メール送信フォームをよく見かけますが、メール
	アドレスや自宅住所等を入力する時はSSL対応したフォームから送りたいものです。
	SSL対応したメール送信フォームではブラウザ右下に「鍵」のマークが出現します。
	このことで、SSL通信中である事を表示します。		

来たページへ戻る

/a index へ戻る

検索エンジン集

GnuPG(PGP compatible) 暗号化メール指紋キー

Domain name WHOIS ドメイン検索